【3D地形データ作成サービス・点群解析システム】


 

功研ジオシステムサービスの目的は「技術者のストレスを軽減」する事です

  建設業界において、あらゆる面からの業務効率化が急務であり、ICT活用よる設計、更には防災・減災、国土強靱化の推進においても3D地形データ利活用は益々大きな役割をはたします。功研ジオシステムサービスでは、試行錯誤を必要とする設計業務において、あえてバッチ処理にこだわり、技術者が本来の業務である設計業務に専念できる環境やデータサービスを提供する事で、「技術者のストレス軽減」を目指し続けています。

 解析・抽出されたデータには常に「証拠・証明・形跡」であるEbidenceを付帯させています。IN/OUTで「何となくデータが作成された」、ではなく常にデータ解析において「証拠」を把握しておく事は、後々重要な事と考えています。

 試供版もご提供しております。またデモンストレーションはオンラインでも随時対応しておりますので、ご連絡お待ちしております。

【3Dデータ・図面作成サービス】

 LiDAR・固定式3Dレー ザースキャナーデータやMMSに代表される3D点群解析、浸水想定解析データ作成、解析結果の整理や図面作成、SLAMデータ、SfM解析・3D地形データに関する様々なデータ解析・作成サービスをご提供いたします。

 設計・解析やGISでの利活用をふまえ、出力形式はCSV、LAS、DXF、Shp、TIFF等、ご希望に合わせてご提供します。  

 3D地形GISに特化し、完全ジョブ型の業務で、ご満足頂ける「結果」をご提供いたします。

 3D点群データ処理に関する作業については、試験的な変換作業も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

【3D点群・地形解析システム】

 3D地形・点群解析システム「GC3D-Pro」はあえてバッチ処理にこだわっています。

 一見煩雑に見えるバッチ処理ですが、処理前後のデータの違いと原因を明確にする事で、解析結果の判断材料を明確に提示します。

 処理した内容が目視とレポートで確認ができ、試行錯誤に生かせます。より多くの解析結果から「限りなくベストに近いベターな結果」の選択肢が広がります。

 設計者にとっては、煩雑な計算から解放され、ストレス軽減につながり、結果としてより高い精度で効率的な計画・設計へとつながると考えます。

【GIS・CADデータ処理】

 今後GISにおいても利活用が推進される機会が増える3D地形データを、効率的に変換・作成します。

 国交省によって提言された建設業務の効率化を目的とした取り組み「CIM(Construction Information Modeling)」には3Dデータは欠かせません。それらのデータ処理にはGISが有効です。

 長年携わってきたGISの経験を活かし、データ処理から利活用まで「実務」にそってサポート致します。

  使用システム:SIS、QGIS、GC3D-Pro、Pix4Dmapper、Lastools